入院中の楽しみ「食事」

三重県鈴鹿市にある白子ウィメンズホスピタルは、産婦人科鈴鹿の中でも人気の医院です。

出産をする女性と、生まれてくる赤ちゃんにとって本当に「優しい」環境であることを心がけて運営されている施設です。医師の対応はもちろん、スタッフ全員、そして設備の細部にいたるまで、細やかなおもてなしの心が浸透しています。

さて、そんな白子ウィメンズホスピタルですが、入院中の食事が美味しいというのも実は大きな魅力です。

白子ウィメンズホスピタルの食事は、管理栄養士がバランスをしっかり考えて作られています。

朝食のパンは、院内にある専用オーブンで焼かれた焼き立てですし、食材もできるかぎり地産地消を心がけ、安心で安全なものを選んで使用しています。出産後にはお祝い膳が出されるだけでなく、おやつなどもあります。

病院の食事というと、薄味で美味しくない、というのが当たり前のイメージになっていますが、白子ウィメンズホスピタルの食事はそのイメージを良い意味で覆してくれるでしょう。

産後の食事は、赤ちゃんの飲む母乳にも影響してきますから、栄養バランスの取れた食事をすることによって、しっかりとした産後生活のスタートを切ることができます。

食についての学び

また、入院中は白子ウィメンズホスピタルで美味しくて栄養バランスもバッチリの食事をとることができるので良いのですが、問題は退院してからです。

赤ちゃんとの生活に慣れない上に、食事のことまで考えて生活するのは、産後の女性にとってかなり大きな負担となります。

白子ウィメンズホスピタルは、妊娠中に「母親教室」と呼ばれるものを開催していて、白子ウィメンズホスピタルで出産予定の人は無料で参加することができます。

前期・後期の2階にわけて行われるこの教室では、医師や栄養士による食事を含めたさまざまな内容を学ぶことができます。

産後の食事や過ごし方などについて、不安な点がある人も多いと思いますので、こうした教室を上手に利用して赤ちゃんのいる暮らしをイメージしておくのが良いでしょう。